技術の発達

「宇宙解明への道は実験室から」
H. アルフェン (Hannes Alfven)。

オーロラ、及び、太陽と地球の相互関係に対する興味の
高まりにつれ、さまざまな技術が発展した。

近代宇宙時代
J. バン・アレン(James A. Van Allen)
は、オーロラを起こす電子の流れに興
味を持っていたが、アメリカの宇宙時
代突入はその研究に始まると言ってよ
い。その研究の結果、アメリカの最初
の人工衛星に搭載されたガイガー・カ
ウンターによって、バン・アレン帯が
発見されるに至った。

全天カメラ
全天カメラは、国際地球観測年(1957-
1958年)に、アラスカ大学フェアバン
クス校の地球物理学研究所がオーロラ
研究のために開発したものである。こ
のカメラを使うと、空全体を一度に撮
影することができるため、空全体をお
おっているオーロラ観測・研究が可能
である。何台もの全天カメラによって
同時撮影された映像により、オーロ
ラ・オーバルの存在が確認された。雲
や天候の研究にも、全天ベースの技術
(トータル・スカイ・イメジャーTotal
Sky..Imager)が
使われている。

 

allsky thumbnail
ここをクリックして、
カメラと写真を
見てみよう。

 


全天カメラが
とらえた映像。
(1173Kb MPEG)

役立つサイト:

ポーカー・フラット・
ロケット発射場の
全天カメラ

Poker Flat's All-Sky Camera

オーロラのカラー
テレビ・プロジェクト

Aurora Color Television Project

電離層水平飛行実験
Horizontal E-region
eXperiment (HEX)

オーロラのカラーテレビ・プロジェクト
オーロラの色と動きを便利なビデオ形
式で正確に把握する必要性から、高感
度ビデオカメラが開発された。

 

hex thumbnail
HEX ロケット。
クリックして
拡大図を
見てみよう。

電離層水平飛行実験(HEX)
HEXはオーロラを水平に通り抜けて飛行
するように作られた最初のロケットで
ある。ロケットが通ると、トリメチル
アルミニウムの跡が残る。その跡は地
上から見えるので、その跡の形の変化
を観察することによって、オーロラに
よって温められた空気が膨張する現象
を見ることができる。

 

コンピュータでモデル作成
スーパーコンピュータ出現のおかげで、オーロラの形の研究
やオーロラ・カーテンの再現から磁気圏全体のモデル作りま
で、様々なモデル作成が可能になった。コンピュータ上に作
成されたモデルは、バーチャル実験室となり、現実の実験室
では再現不可能なプロセスを作り出し、コントロールし、理
解することが可能である。

 

前ページへ

 


UAF logoGI logoAsahi Foundation logo
Geophysical Institute
地球物理学研究所
903 Koyukuk Drive, University of Alaska Fairbanks, Fairbanks, Alaska 99775-7320
当サイト:2003年12月ウェブ作成者更新