極地探検家

「もし越冬地で見たオーロラについて書かなかったなら、北極探検
記を読む人々は、それが言い訳できない著者の大きな手抜かり
だと思うだろう。」
A.E. ノルデンショルド(Adolf E. Nordenskiold)
「ベガ号のアジア、ヨーロッパ周航記(Voyages of the Vega
Round Asia and Europe)」1881年。

 

現地の人々についで多くオーロラの美しさについて記録した
のは極地探検家たちであった。オーロラとの「出会い」は回
顧録、体験記、航海日記などに記されている。

北西航路
早期の極地探検家の多くは伝説的な北
西航路(北大西洋から北アメリカ大陸
の北岸に沿って太平洋に出る航路。い
わばヨーロッパから東洋へ抜ける近
道)を探索しているときにオーロラを
見た。パナマ運河完成以前には、船は
大西洋から太平洋に出るために危険な
南アメリカの先端を回らなければなら
なかったのだ。

度重なる北西航路発見失敗に業を煮や
した英国海軍省は、1845年に、海軍省
で最も老練な極地探検家、J.フランク
リン卿(Sir John Franklin)を派遣
することにした。フランクリンと乗組
員129人は英国海軍の船、テラー号と
エレボス号に乗り込んだが、不運なこ
とに、フランクリンの探検は北極探検
のうちでも最も悲劇的なものとなって
しまった。船は海氷に閉ざされ、乗組
員一同寒さと飢えのため死んでしまっ
たのだ。

J. フランクリン隊捜索
フランクリン夫人は経費を調達し、夫
のフランクリン卿と乗組員捜索隊を何
度も派遣した。遺体、遺品は茫漠たる
カナダ北部の小さな島でみつかった。
フランクリンらの北極探検航海自体は
失敗に終わったが、捜索隊が書いた回
顧録は、世界の他の国々にもオーロラ
の話を伝えることとなった。

 

click for larger image
北西航路。
クリックして
拡大図を見てみよう


J. フランクリン
(John Franklin)。
クリックして
拡大図を見てみよう

 

役立つサイト:

F. ナンセンの伝記
Fridtjof Nansen -
a short biography

J. フランクリン卿
Sir John Franklin

北西航路
Northwest Passage -
NWP historic park

ワールドブック
北極探検家

Worldbook Polar Explorers

click for larger image
J. フランクリン卿捜索。
クリックして
拡大図を見てみよう

極地遠征
F. ナンセン(Firdtjof Nansen)は、
極地探検家で1895-96年に自分の設計
した船フラム号に乗り、北極を目指
したが氷に囲まれてしまい到達する
ことができなかった。ナンセンは芸
術にすぐれた才能を持ち、北極遠征
について書いた本の中にオーロラを
描いたすばらしい木版画や絵を残し
ている。

南半球にもオーロラがある。北半球
のオーロラが北極光(aurora
borealis)と呼ばれるのに対して、
南半球のオーロラは南極光(aurora
australis)と呼ばれる。南極光につ
いてヨーロッパで最も古い記録を残
したのはキャプテン・クック
(Captain James Cook)であった。
南極遠征を目指した他の探検家(R.
スコット[Robert Scott]、R.アムン
ゼン[Roald Amndsen] など)も南極
光についての記録を残した。

 

click for larger image
F. ナンセン
(Firdtjof Nansen)。
クリックして
拡大図を見てみよう


ナンセンの木版画。
クリックして
拡大図を見てみよう

前ページへ

 



Geophysical Institute
地球物理学研究所
903 Koyukuk Drive, University of Alaska Fairbanks, Fairbanks, Alaska 99775-7320
当サイト:2003年12月 Asahi Aurora ウェブ作成者更新