オーロラの形

 

はるか昔から、常に形を変える不思議なオーロラの動きは人
々の心をとらえ、さまざまな描写がなされてきた。オーロラ
の光は遠く離れた所の火事であるとか、空気が燃えているの
が原因であるとか、発光した気体が空から降ってきたために
起こるなどという説明もあった。オーロラは兵士だとか、天
へのかけ橋だとか「発光するへび」などと、想像力豊かな描
写もある。オーロラの形はその活動レベルと見る人の位置に
よって以下のように分類することができる。

 

一様な輝度のアーチ
(弧)状オーロラ

最も活動の静かな時、オーロラ
は輝度の一様なカーテンが空か
ら垂れ下がっているように見
える。


thumbnail of homogeneous arc aurora
クリックして拡大図を
見てみよう。

射線構造のアーチ(弧)状
オーロラ

オーロラの活動性が少し増す
と、「射線」と呼ばれるたて
のしま模様ができる。オーロ
ラ・カーテンにひだができる
わけである。

thumbnail of rayed arc aurora
クリックして拡大図を
見てみよう。

活発なオーロラ
オーロラの活動性が高まると
カーテンのひだのスケールが
増し、時には反物のように渦
を巻いて動く。ひだの直径は
16-160kmにもなる。

thumbnail of active aurora
クリックして拡大図を
見てみよう。

煙が立ちのぼるような
形のオーロラ

オーロラ・カーテンが遠くの
山頂から煙が立ちのぼるよう
に見えたりすることがある。
これは何百キロメートルにも
及ぶオーロラを地平線近くで
見ているため、目の錯覚で
オーロラが立ちのぼるように
見えるのである。

thumbnail of rising vapor column
クリックして拡大図を
見てみよう。

コロナ型のオーロラ
オーロラが頭上の空のある一点
から四方八方に広がっているよ
うに見えることがある。これを
「コロナ型のオーロラ」と呼ぶ。
これは実は、オーロラの射線が
何百kmもの長さに及んでおり、
見る人がそのオーロラ・カーテ
ンのひだや渦巻きのほぼ真下に
いるために、頭上の天頂で射線
が一点に集まっているように見
えるのである。

thumbnail of corona
クリックして拡大図を
見てみよう。

  thumbnail to 004700.gif

この図は同じオーロラ・
カーテンが、見る人の位置に
よってどのように違って
見えるかを示したものである。
クリックして拡
大図を見てみよう。

thumbnail of perspective
見る視点を示した写真。
クリックして拡大図を
見てみよう。

前ページへ
次ページへ

UAF logoGI logoAsahi Foundation logo
Geophysical Institute
地球物理学研究所
903 Koyukuk Drive, University of Alaska Fairbanks, Fairbanks, Alaska 99775-7320
当サイト:2003年12月ウェブ作成者更新