オーロラについてよく聞かれる質問
赤祖父俊一博士の解答

オーロラとは何ですか
オーロラは空に現れる光です。高エネルギー電子が上
層大気中の
原子や分子にぶつかった時に、発光が起こ
り、それがオーロラとして見られるのです。

もっと詳しく・・・


どうしてオーロラが起こるのですか
オーロラは稲妻と同様に、空中での強烈な放電現象によって起こ
るものです。放電によって生み出された高エネルギー電子が上層
大気中の原子や分子にぶつかると光を出し、オーロラとして見ら
れるわけです。しかしオーロラの放電現象は稲妻の放電現象より
ももっと強力なものです。

もっと詳しく・・・

オーロラはどこで見られるのですか
オーロラはアラスカ中央部、カナダのグレート・スレーブ
湖(イエローナイフ)、グリーンランドの南端、アイス
ランド、スカンジナビアの北端を結ぶ地帯で一番よく見
られます。

もっと詳しく・・・

南半球でもオーロラが見られるのですか
はい。南半球のオーロラは「南極光」と呼ばれます。北半球の
オーロラ、「北極光」、をちょうど鏡に写したように見られます。


 

オーロラにはなぜいろいろな色があるのですか
上層大気中の原子や分子の種類によって色が異なります。酸素原子
は緑と赤の光を発します。窒素分子はピンクがかった色を発します。

もっと詳しく・・・

オーロラはなぜ動くのですか
オーロラは一連の高エネルギー電子流が上層大気中の原子や
分子に
ぶつかった時に見られます。その電子流が動くと、
オーロラも動くわけです。

もっと詳しく・・・

 

 

 

どうしてオーロラは寒い夜に見られて、
暖かい夜には見られないのですか

オーロラは雲よりずっと高度の高いところで起こります。
空の晴れ渡った寒い夜には、オーロラがよく見られますが、
暖かい夜は空が雲でおおわれていることが多く、オーロラ
は雲に隠れて見えないのです。

 

 


スペース・シャトルから
見たオーロラ。

 

宇宙飛行士はスペース・シャトルから
オーロラを見ることができますか

できます。スペース・シャトルはちょうどオーロラが現れる
高度を飛行するからです。オーロラを通り抜けて飛ぶのは
本当にすばらしいそうです。

 

オーロラは音を出しますか
技術的には、地上からはオーロラの音は聞こえないはずです。
それは、オーロラの一番下の部分は地上から100kmも上空で、
そのあたりの大気は非常に薄いため音波を送ることができない
からです。しかし、活動の活発なオーロラに伴う、シューとか
パチパチという音が聞こえたという報告が後を絶ちません。ま
た、オーロラの音を記録したというデンマークとフィンランド
のグループもあります。オーロラの音の識別についてはさまざ
まな理論があります。

 

オーロラが危害を及ぼすことはありますか
オーロラはいろいろな故障や害の原因になることがあります。例えば、
オーロラのせいで無線通信が困難になったり、人工衛星が故障してし
まったり、発電所や高圧線に混乱が起き、そのため停電になったりし
ます。オーロラの高エネルギー電子は人間の体に危害を加える恐れが
あるので、スペース・シャトルがオーロラを通り抜けて飛ぶ時は、宇
宙飛行士はシャトルの外に出ることはできません。しかし、私たちの
生活する地球の表面ではその危険性はありません。私たちが生活した
り飛行機で飛んだりするのは、大気の一番下層の14キロメートルの部
分です。それは、オーロラより約100キロメートルも離れています。
大気は、オーロラと地球表面の間にあって、オーロラとオーロラを生
み出す高エネルギー電子の悪影響から、人体を守る役割を果たしてい
ます。そのおかげで、放射線や感電による危害のような、人体に及ぼ
す悪影響はないと言われています。

 

 

 


土星のオーロラ。
ハッブル宇宙望遠鏡。
なぜ月にはオーロラはないのですか
オーロラは、磁場を持つ惑星と太陽風との相互作用によって
エネルギーを得た放電現象が原因となって起こります。(太
陽風というのは、太陽表面の大規模な爆発によって宇宙空間
に吹き出される荷電粒子の流れのことです。)地球上で見ら
れるようなオーロラが現れるためには、惑星には磁場と大気
がなければなりません。ところが、月にはそのどちらもない
のです。土星や木星など、大気と磁場のある惑星にはオーロ
ラが見られます。
メイン・ページに戻る

UAF logoGI logoAsahi Foundation logo
Geophysical Institute
地球物理学研究所
903 Koyukuk Drive, University of Alaska Fairbanks, Fairbanks, Alaska 99775-7320
当サイト:2003年12月ウェブ作成者更新